• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

自分の足腰の弱さに気がつき、毎朝太極拳の練習をして、

少しずつ足も丈夫になってきました。

朝の太極拳は気持ちがよく、清々しく、それだけで健康効果はあります。

けれども、どうしても、足腰の安定感、強さ、柔軟性に満足は得られない。

このどうしようもない事実に私は直面しました。

 

腎氣がへろへろの、40歳をとうに超えた私は、どんなに鍛えても、

「まあ、もともと弱いわけだし、がんばってもこんなものか。」

的なぐらいにしか鍛え上げられなかったのでした。

 

気功の先生に足に気を通すのにはどうしたらよいのでしょう?

と聞いてみたのですが、

「難しいよ。」

とのお答えでした。

 

けれども太極拳を続けていれば、まあ、丈夫になったりするのかな?

そんな淡い期待をしながら、一生懸命練習をしながら続け、

太極拳の普及指導員の資格もとりました。

足のストレッチを続けたおかげで、身体も柔らかくなりました。

安定感も最初よりずいぶん増しました。

 

けれども疲弊しきった私の腎氣は、

そうそう満々に満ちることもなかったのです。

 

腎氣を上げるにはどうしたらよいのだろう?

気功もだめ?

太極拳もだめ?

本当に?

と私の腎氣探求の旅は振り出しにもどったのでした。

 

実際、腎氣を上げるということは、大変に難しい、

世間一般ではそう思われています。

 

腎臓が病気になったら大変です。

西洋医学でもとても難しい病気です。

 

人間は年をとったら、そうそう若返ることはありません。

お亡くなりになりそうな状態で急に生き返ったりはしません。

それが人間の、腎氣、生命の自然な姿です。

 

腎氣が蘇る、若返る、

それができたら、人間は不老長寿、しいては不老不死を

手に入れることができるのですから、大変なことなのです。

 

ここまで元気になったのですから、ありがたいことです。

それ以上を望むのは、欲なのかもしれません。

 

けれども、かなりのうっかりもので、アホな私は

そんなことには全く気がつかず、ただただ、

何か方法があるに違いない!

心のどこかで、そう信じてやまないのでした。