• 東京 下北沢徒歩3分 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

こんにちは!

星ノ氣功 代表
星野 真木(ほしの まき)です。

よろしくお願いします。

1967年生まれです。

趣味は太極拳。美術鑑賞。

美しいもの そして、その気を見るのが大好きです。

それから、つちのこが好きです。

全日本気功療術師認定協会
認定気功療術師
一般社団法人 全日本養生協会
気功師範
日本武術太極拳連盟公認太極拳
普及指導員

 


星ノ氣功のめざすもの
本来のあたりまえな健康と幸運へ。


気はあたりまえで自然です。

けれども、あまりに自然であたりまえすぎるので、認識されることは、まだまだ少ないと思います。

空気はとてもあたりまえに存在しますが、あまりに自然で普段認識はしていません。そして、気は、空気よりも、もっと微細で認識しにくい、根源的なあたりまえの存在です。

気功は、そんな自然な気、エネルギーを集めて、吸収する技術です。そして、気功をすると、人は健康に、幸運になっていきます。
なぜ、そんなことができるのでしょうか。

それは、信じ難いことかもしれないのですが、誰もが健康で幸せなのが本当はあたりまえで、自然なことだからだといえるでしょう。

ですから、あたりまえで自然な気を集める気功を練習することにより、人間は、そのようなあたりまえで自然な状態に戻っていくのだと思います。

そして、気功の練習中に垣間みえる、あたりまえの自然な健康と幸せとは、私達の考えの中にある健康と幸せを、はるかに超えた世界なのだと感じるのです。

自然な気、エネルギーは密度が濃く、柔らかいけれども、とても強いものです。

今までよかれと思って集めてしまっていた、また様々な教育や経験、生活習慣、守っていた常識、思い込み、ストレスの中でためてしまった不自然な気、病気の原因になる邪気、エネルギーは、一見強そうに見えても、実は密度が薄かったり、バラバラで統制がとれていませんから、自然な気にはかないません。練習を続けることで、どんどん駆逐される運命にあります。

そして、気功の練習は簡単で、人を選びません。
気に敏感でも、気など全然わからなくても、体力があっても、なくても、気功など信じていなくても、大丈夫です。
しばらく続けていただくと、どなたでも、体調がよくなった、幸運になった、と感じていただけるようになります。

その健康、幸運レベルが上がれば上がる程、今度はご家族や周りの方も自然に健康や幸運になっていくでしょう。

この経験はとても楽しく、喜びに満ちたものとなるはずです。そして、それこそが自然で調和のとれた、あたりまえの世界なのです。
その経験を多くの方にしていただきたいと思っています。

気功を続け、自然で調和のとれた、健康で幸運な方が創造する世界は、また、自然で調和のとれた、輝かしい本来の世界です。

そのような方が多くなれば、この世界もまた自然で、調和のとれた輝かしい世界となることでしょう。

星ノ氣功は、確信ともいえる思いを持って、日々、丁寧に、気の世界をお伝えしていきます

どうかよろしくお願いいたします。


気功との出会いから仕事にするまで


私は、子供の時から身体が弱く、薬漬けでした。
そして、出産後は、原因不明の症状を繰り返していましたが、気功に出会い、今が、人生で一番元気になりました。

私自身が、気功の効果のよいサンプルと思います。興味がありましたら、是非、会いにいらしてください。

私は、出産後、体調をくずし、病院で、ベーチェット病にほぼ間違いない、と診断されました。

原因不明で、突如、いろいろなところが、炎症をおこす病気です。

とりあえず、3週間ほど入院と言われましたが、子供も小さく両親も高齢で、入院は無理と思い、なんとなく病院から遠のいてしまいました。

その後、そうだ、漢方薬を飲んでみよう!と、思い立ち、漢方の煎じ薬を飲んで、幸い身体に合い、だいぶよくなったものの、仕事をして、育児、家事と、忙しい日々をおくって、自分の身体のことは、見ないフリ、気がつかないフリを繰り返していたと、今になって思います。

そうして、大きな炎症、小さな炎症をそれなりにごまかしながら暮らして10年ほど、今度は、ご飯を食べると、うまく消化できなくて、おなかが、風船のようにふくらんでしまい、頭痛はひどく、 1週間のうち、2日くらいしか、起きられなくなってきてしまいました。

あわせて、顔にアトピーがでて腫れてしまい、目が半分くらいの大きさになってしまいました。

皮膚科でもらった薬をつけても、その時はよくなるのですが、症状をおさえるだけで、根本的に治るわけではありません。

そうこうしているうちに、もう、仕事もままならないどころか、家事まで危うい、ほぼ、寝たきりの状態になりました。

あきらめて病院に行こうかな、と思っている時に、なんとなく本屋さんで、気功の本を手にとりました。

「気功革命」という、盛鶴延先生の本でした。

運動音痴の私は、今までスポーツは一切やったことがなく、身体は固くてがちがち。

そんな私にも、できそう! そう思ったのが、気功でした。

運よく、ほぼ寝たきりの私でも通える徒歩5分のところに、松丹気功教室という、気功師の小林俊雄先生の教室があり、練功の様子がとても綺麗で自然で美しく、大変感動したので、通うことにしました。

最初は身体が固く、ご高齢の方にも遠く及ばず、 1回行くと筋肉痛が起きたりしていました。

けれども、続けていくうちに、身体はほぐれ、柔軟になり、ひどかった頭痛の回数もだんだんと減ってきて、じょじょに、前向きになって、外出ができるようになりました。

途中、子供の時から悪かった右目の視力が0,08から、0,7まで回復しました。

そうして、さらに気功に興味を持ち、気功療法を学ぶ勉強をはじめ、夢中になって、すっかりはまっていくうちに、とうとう元気になってしまいました。

ただ、順調にここまできたわけではなく、実は、2010年の夏は、もう、だめだ、と思っておりました。

血圧は、低く、上が80、下は50くらい。腎機能は普通の半分くらいで、膵臓も弱っていて、気功、がんばってきたけど、やっぱりだめかなあ、とあきらめて、

「もう、いいや、私は、今生きているうちにできることを、楽しんで、ありがたく日々すごそう。」と思ったのでした。

そうしたら、秋になったら、くるっと、元気になってしまいました。

気功をはじめて、よくなるのに、3年かかりました。

治癒に3年、長いと感じられるかもしれませんが、もしかしたら、一生、治らないかもしれない病気です。

3年なんて、うんうん、病気に悩んで、苦しみながら寝ていても、すぐにたってしまいます。

積極的に気功にとりくんだ3年は、とても充実していて、楽しい3年でした。

体調がよくなった頃、小林先生から「気功療法をしてみれば」との薦めがありました。

そして、2012年、星ノ氣功のこのホームページを立ち上げ、気功の仕事をはじめました。

お客さまの気を拝見することは、同時に、自分自身を観る、そんな感覚をいつも感じ、学ばせていただき、様々な気を見せてくださるお客さまに本当に感謝しています。

そして、療法だけでは、お客さまが本当によくなっていくのに、気功法をお伝えするのにも時間的に限界があり、是非、気功講座を開きたいと思いました。

そして、幸運なことに、中国人某気功大師より気功の伝授を受けることとなりました。

そして、2013年、下北沢に星ノ氣功、開設しました。

これからも、丁寧に気功をお伝えするべく、努力してまいります。

どうかよろしくお願いいたします。


 代表プロフィール

2008年 小林俊雄先生 主宰の 松丹気功教室 に通いはじめる。

2010年 手術するしかないと言われた父の足の麻痺を気功マッサージにて解消させる。

2012年 星ノ氣功 設立

2012年より、中国人某気功大師より気功の伝授を受ける

2013年 下北沢に 星ノ氣功 開設

2013年 全日本気功療術師認定協会 認定気功療術師
一般社団法人 全日本養生協会 気功療法講師

2016年 一般社団法人 全日本養生協会 気功師範

2016年 「気功で新しい自分に変わる本」
BABジャパン出版

1967年生

新潟県生まれ 神奈川県育ち

 

美術館めぐり。

美術品鑑賞

美術品の気を見ること。

両生類、爬虫類を見ること。

まったりすること。

四葉のクローバーを見つけること。

ぼんやりすること。

すぐ忘れること。

ミナペルホネン

サリースコット

皆川明さんの服が大好きです。幸せになります。


松田権六さん
すごすぎるのに、見てると力が抜けて来て、ほんわか幸せになります。


リュック ベッソン

あまり流行らないけれど、監督が本当につくりたかった映画が好き。


国立博物館

ここに住みたいです。


こたつ

こたつとみかんは最高です。


パソコン

パソコン発展途上の時代には改造にこってました。大好き。