• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

頭がクエスチョンマークであふれてしまい、
完全フリーズした私を見て
加納先生は、ようやく状況を理解したようで、
「君はどんな、“はれた空”を書きたいんだい?」
こう、やさしく、語りかけてきました。
その時、私は小学4年生の課題 “はれた空” と書いていました。
「どんな はれた空?
習字は手本をよく見て、左の手本を右の白い紙に写せばいいんだから、
ええと、手本のような“はれた空”を書けばいいんだよねえ????」
私は口にはださず、一生懸命、クエスチョンマークで埋め尽くされた
頭で考えました。
何も言わない私に、先生は、
「では、私が書いてみよう。」そう言って、
私の子供用の安い、それにかなり割れてしまって、ぼっさぼさの筆と、
つるつるの子供用の半紙を手にとりました。

加納守拙先生1
加納守拙先生2
加納守拙先生3
加納守拙先生4
加納守拙先生5
加納守拙先生6
加納守拙先生7
加納守拙先生8
加納守拙先生9
加納守拙先生10



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です