• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

加納先生の書いてくれた
はれた空 に、釘付けになって
結果、やっぱりフリーズしている私の前で
さらに先生は続けました。
子供用のつるつるの半紙をもう一枚手にとって
やはりおもむろに裏にし、
(この時点で、わざと裏に書いていることが判明)
こんども、やはり 「はれた空」と書きました。
けれども、今度のはれた空は、
先ほどのすっきりとした快晴のはれた空とはちがう、
ほんわかした雰囲気です。
先生は言いました。
「いいかい、これは、白い雲がふわふわ浮いていて
優しい青い色の晴れた空だ。」
(このバージョンのはれた空は、なくしました。無念。)
そこに現されている「はれた空」は、
同じ筆、同じ紙で、同じ人が書いたとは思えない
そして、まぎれもなく、
ほんわかとした雰囲気の、
白い雲がふわふわ浮いていて
優しい青い色の晴れた空
なのでした。
(お見せできないのが残念すぎる…。)

加納守拙先生1
加納守拙先生2
加納守拙先生3
加納守拙先生4
加納守拙先生5
加納守拙先生6
加納守拙先生7
加納守拙先生8
加納守拙先生9
加納守拙先生10



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です