• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

目の前でくりひろげられる
とんでもない、みたこともない事柄に
あっけにとられるなか、
さらに加納先生は続けました。
「いいかい、自然をよく見て書くんだ。
はれた空があるなら、雨もふる。」
そして、2枚の「雨ふり」という作品を書いてくれました。


加納守拙先生書
「どんなかんじがする?」

先生はききました。

加納守拙先生1
加納守拙先生2
加納守拙先生3
加納守拙先生4
加納守拙先生5
加納守拙先生6
加納守拙先生7
加納守拙先生8
加納守拙先生9
加納守拙先生10



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です