• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。


質問に、何も答えられない私に、
加納先生は、教えてくれました。
「これは、細く、静かに降る雨。」

「そして、こっちは、じとじとしている重いうっとおしい雨」

「雨だって、いろいろな雨があるんだ。
君の書きたいものを、自然をよく見て書きなさい。
手本はその紙の手本じゃない。自然だ。
そして、加納先生は、私に筆を渡し、言いました。
「では、書いてみなさい」
けれども、私は
今まで、私が知っていた習字とは明らかに違う何かに、
感動しつつも、すっかり当惑し、
渡された筆を宙に持ったまま、
やはりぼおっとフリーズしていたのでした。
そんな私を見て、先生は、
「では、一緒に書いてあげよう」
そう言って、私のうしろにまわり、
私の持っている筆を一緒に、
すっと、
持ってくれたのでした。

加納守拙先生1
加納守拙先生2
加納守拙先生3
加納守拙先生4
加納守拙先生5
加納守拙先生6
加納守拙先生7
加納守拙先生8
加納守拙先生9
加納守拙先生10



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です