• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。


わくわく感で全身が満たされて、
じんわりふんわりした感じの中
筆が紙の上をすべりはじめました。
!!!!!!!???????!!!!!
言葉にならない驚き、
一体それが、何なのかさっぱりわからないのですが、
私の筆はもはや私の筆ではなく、
とてもなめらかで、濃厚で、すさまじく書きやすい、
いや、書いているというより、もっと自由で、
全てから解放されて、
宙を舞っている、
そんな感覚だったのです。

加納守拙先生1
加納守拙先生2
加納守拙先生3
加納守拙先生4
加納守拙先生5
加納守拙先生6
加納守拙先生7
加納守拙先生8
加納守拙先生9
加納守拙先生10



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です