• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

気功と、3年つきあう決心を
曲がりなりにもしましたが、
なんせ、気功は、ゆったりした動きが
美しいとはいえ、
見た目がとても地味です。
気持ちがいいとは思いながらも、
特にすごくかっこいいわけでもない、
しかも、ただ、立つだけの最後のたんとう功や
座ってする瞑想は、
何がいいんだか、さっぱりわからず、
たんとう功なんて、ちょっと立つと足ががたがた言ってくるし、
座って瞑想すると、足がしびれてきて、
「意守丹田」と言われても、
「意守しびれ」になってしまうし、
なんか、中心がぐらぐらして、気持悪くなるし、
多分、これ、死にそうになってなきゃ
やめてるかも…,
と、全然具合がよくなるかんじもしないし、
時にちょっと悲しい気持ちになってしまうのでした。
そんな時に、1ヶ月ほど通ったある日、
とても面白い体験をしたのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です