• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

その後、父は風邪は回復したものの、
一進一退。
やっぱり、これまでかなあ、
結局、気功なんて、何の役にも立たないなあ、
毎週、父の容態をみて、
ちょっと、悲しい気持ちになりました。
そして、真剣に父に聞いてみました。
お父さん、本当に生きたい?
すると、父はきっぱりと、
「春になったら、釣りに行きたい!
足もなおすし、腰もなおす!
絶対に元気になってみせる!」
そう断言したのでした。
第二次世界大戦の東京大空襲を経験し、
家の屋根をぶちやぶって、爆弾が目の前に落ちたのに、
たまたま不発弾で難を逃れたり、
戦後の食料のない時に、蛇や、野草や、カエルを食べ
食いつなぎ
戦後の復興で、休みなしで、ひたすら、がむしゃらに働き、
そんなことを乗り越えてきた人のガッツは、
やっぱりただごとじゃないのでした。
その父のやる気に、私の方のやる気が、喚起されました。
そして、
それならば、と、父にマッサージをするだけでなく、
同時に、自分でやってもらえる簡単な気功法を教えはじめました。
かちかちに固まってしまった身体をほぐして、ゆるめていってもらう、
そんな功法を選んで、伝えました。
真面目な性格の父は、
足が悪くても、なんとかできる気功法を毎日、
30分から1時間、続けはじめました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です