• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。


なんとなく、気功外気療法のクラスに入ったものの、
そして、期待があったものの、
実は、さっぱりわかりませんでした。
先生の真似をしてやってみるのにせいいっぱい。
話をきいてもチンプンカンプンで、
ノートをとるのにせいいっぱい。
書いていても、なんだかわかんないけど、
とりあえず、書いとこ、
程度でした。
そして、何より、外気療法が、どんなものか、
受けたこともなかったので、想像もできませんでした。
他の人は、皆、受けたことのある人ばかりだったので、
外気療法を受けた事もないのに、入った人は、
めずらしかったのかもしれません。
外気療法を学びはじめて、4ヶ月目に入ったころ、
授業は、気功マッサージがおわり、
ようやく、外気療法に入りました。
そして、この時、授業の中で、
先生から 調氣 という外気療法の最初のところを
はじめて受けました。
せっかく、はじめて受けた外気療法だったのに、
受けた印象は、正直、
ちょっと明るくなったかなあ?
なんか、きたような…?
あ〜、でも気のせいかもなあ。
程度だったと思います。
結構、お粗末な感想でした。
けれども、この日、家に帰って練功してみた時に
とてもびっくりすることが起こったのでした。

星ノ氣功ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です