• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。


さて、
ばあああああん!と内臓がすっとんでいっても、
すごおくびっくりはしたものの、
特に別に、何か面白いことがあるわけでもなく、
それで、私の病気が劇的によくなれば、
とっても面白かったのですが、
そんなこともなく、
あいかわらず、外気療法の授業は、さあっぱりわからないのでした。
そして、調氣の授業で
背中の氣を見て、なんかおかしいところを見つける
ということを、必死になってやっていると、
先生がよってきて、別に手出しするわけでもなく、
見てるだけで、
「ほら、そこ、ほら、そこ。へんでしょ。」
みたいに言うのでした。
え?なんで先生わかるの?
私は、自分のわからなさ加減に、がっかりしたのは
とりあえず、さておき、
先生のその感覚にびっくり! したのでした。
そして、
こんなこと、私に出来るんだろうか、
外気療法をやるなんて、私にはとっても遠い道のりなんじゃないか、
そんなふうに、不安になったのでした。

実は、この時の先生の技、
今では、私もできるようになりました。
心配しないでも、普通にできるようになるもんだなあ、
大丈夫なもんだなあ、と思います。

星ノ氣功ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です