• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。


わからんちんの経絡や、五行。
次の気功療法のクラスは、東洋医学的な内容で、
「ふ〜ん」的なかんじで、
そして、何より、経絡というのは、
あの、経絡図に描いてある、無味乾燥な「あれ」
という意識が強すぎて、こちらの感覚は、全然進歩しませんでした。
なんか、固〜い。
あ〜、この人の経絡、ここへんてこりん、くらいなもので、
それ以上でもそれ以下でもない。
思い入れも何も無い状態で進行しました。
けれども、
なんとなく、わかってきたのは、
今まで、「気のせいさ」ですましていたことが、
実は「氣」のせい
であったこと、だったのでした。
そして、
「そうだ、思ったこと、感じたことは、とりあえず、口にだして
先生に言ってみよう」 と思いはじめたのでした。
遠慮がちに、もごもごしながら、
「あのお、私、
こ、こんなふうなものが、見えて、えっとお、こんなふうな感じがしました。」
などというと、
ことごとく、先生は、
「はい、そうですね。その感覚を大切にしてください。」
と褒めてくれるのでした。
今まで、そんなへんてこりんなことを言っても
しかられるだけで、
いつしか、そんなことは、何も言わなくなって、
気がつかないふりをして、
だんまりを決め込んでいたのですが、
その気がついたことを
言っていい場所、それが気功教室で、
それが受け入れられる唯一の場所という意味で、
私はとても安心し、うれしくなったのでした。

星ノ氣功ホームページ  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です