• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。


わけのわからない研究クラスに入って
毎回わけわからないながらも、
実は毎回真剣勝負で、かなり必死になりながら、
一年間、氣の楽しさを堪能しているうちに、
不思議と、氣の感覚が、育ってきました。
なんとなく、こんな感じがする時は、これ、
こんな感じがする時は、こうなんだ、ということが
大先輩の中でもまれているうちに、
日々の積み重ねで、うすぼんやりと、わかってきたのでした。
無理を言って、難しい方のクラスに入れてもらえて、
たくさん迷惑をかけて、申し訳なかったけれど、
本当によかったと思ったのでした。
一方、身体が、ひどく具合が悪くなることはなくなったけれど、
一生懸命、気功の練習をしてもなんとなくひ弱で、腎虚で、
すぐに体内の水がひからびてしまうのは、どうしようもなくて、
一体どうしたらいいのだろう、と考えていたのでした。
氣がわかっても、
自分の身体をなんとかできないんじゃなあ、
何が悪いのかなあ、
そう思っていた時でした。
はやくも、気功をはじめて2年。
めずらしく朝早く、公園へ散歩に行って、
面白いものに出会ったのでした。
!!!!!!?

星ノ氣功ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です