• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。


1月の真冬、私は朝、早起きして、公園に通い始めました。
霜柱をふみしめながら、何やら憑かれたように、太極拳をしていた私。
ほどなくして、気がつきました。
足が弱い…。
下半身が全然安定しない..。
股関節が固い。
かなりご高齢の方が軽々片足をあげているのに、
私はさっぱり上がらないし、ぐらぐらします。
ゆっくり歩く歩法も、まったくままなりません。
太極拳を10年以上やっている方々には、
あたりまえですが、遠く及びませんでした。
気功で柔らかくなったと思った身体も
太極拳をやるのには、
股関節も足の裏側も、脇腹も固すぎました。
これを克服しなければ、上手にならない、
そう思って、必死で、柔軟をやり、
身体を柔らかくしていきました。
同時に、歩法も
安定して歩けるよう練習して、
筋肉痛になりながら、努力してみました。
けれども、身体は割と簡単に柔らかくなったものの、
下半身は、当初よりはよくなったものの
安定には、ほど遠かったのでした。
下半身は、腎気。
私は腎気が弱い。
気功で感じていた、その事実、
太極拳をやっていくうちに、
さらにしっかりと認識したのでした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です