• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

なぜ、3年で、身体の細胞はすべて入れ替わるのに、
病気や、体質、その症状は、3年以上、
そのまま、継続されていくのでしょうか。
実は、これは、意識、心の氣が関連していると、
気功療法で、お客様の氣を拝見しているうちに
気がついてきました。
心の氣は、火星のエネルギー。
これは、気功では、
心臓だけではなく、意識、心、そして、脳の氣
と捉えます。
心、意識は、組織、細胞がそこにあるわけではないので、
西洋医学では、いくら顕微鏡で見ても
何も見えては来ません。
けれども、気功療法では、身体の氣も、心の氣も
同じ氣ですから、一緒に拝見していくことになります。
そうすると、この心、意識が
様々な病気や長く続く症状に関連していると
思わざるを得ない。
いや、そうなっていると考える方が、むしろ自然と
感じるようになりました。
そして、心や意識は細胞ではないので、
身体の細胞のように、自動的に3年で新しくなったりはしません。
ですから、心や、意識、が古いまま、今までのまま、
その癖を残して、新しくならずに、脈々と継続していると、
3年たっても、病気や、症状はなかなか改善しないということなのです。
では、気功的な見地から観ると、心、意識は、身体の細胞に
どのような影響を及ぼしていると考えられるのでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です