• 東京 下北沢 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

毎日、せっせと
自分が心の顕在意識、ワードで書き込んでいた、
「私ってだめだなあ」ファイルが、
めでたく?大量にたまって、
潜在意識の中へ、
よく使う語彙、項目として
しっかり、保存されました。
そうすると、どうなるのでしょうか。
いつものように、顕在意識でワードを立ち上げ、
「私」と書き込むと、
自動的に「ってだめだなあ」
と、続けて、表示、記入できるようになるのです。
大変親切…。手間が省けます。
よく使う語彙として、登録されると、
潜在意識が、顕在意識で特に意識しなくても
自動的に記入してくれるようになるのです。
よく、パソコンのブラウザを立ち上げて
googleで検索すると、
最初の何文字か入力すると、
あとに続くであろう可能性の高い語彙が
自動的に表示される、
あんな感じです。
とても便利です。
そして、
この便利な機能により、
何も考えなくても
ただ、ワードで
「私」
と打ち込めば、
自動的に、
「ってだめだなあ」

大変楽に、自然に、自動的に書き込まれていくのです。
そのおかげで、
「私ってだめだなあ」
の不可視ファイルは、加速度を増して、
どんどん、どんどん、増加していくのです。
増加していく、
「私ってだめだなあ」ファイルは、
さらに、
よく使う項目   シルバーランクから
大変よく使う項目 ゴールドランク
頻繁に使う項目  プラチナランク
常に使う項目   ダイヤモンドランク
へと、ランクを上げていきます。
ランクを上げていくごとに、
私のあとに続く
ってだめだなあ、は
フォントが大きくなったり、
太くなったり、
下線が引かれたりして、
強調されて、目立つようになってきます。
ダイヤモンドランクになったら、
ワードを立ち上げると
もう、自動的に、
「私ってだめだなあ」
と大変親切に書き込まれているようになります。
これは、心で何かを思うと、
まず、最初に何かにつけて、
「私ってだめだなあ」
が、思い浮かぶようになるということなのです。
こうなってくると、本人にとっては、
大変困ったことになります。
けれども、潜在意識は、
本人が困ろうが、喜ぼうが、
やはり、全く関係なく、
そのファイル数、
強調のされ方によって、ランクを決定します。
相変わらず、
とても素直で、システマティックです。
そして、この重大な事実を、
やはり、顕在意識は、全く気づくことは
できないのです。
あくまで、バックグラウンドで、静かに、自動的に、
OSともいえる、潜在意識が実行します。
そして、この潜在意識のデータシステムは、
次なる指令を下し、
その人の生命活動、運命を左右していくことになります。
気功で心をコントロールするメカニズム 5 に続く予定



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です