• 東京 下北沢徒歩3分 氣はあたりまえの星ノ氣功です。

永遠の師 加納守拙先生 書道家 10 ふたたび。

「さあ、今度は一人で書いてごらん。」 あまりのわけのわからない感覚にぼ〜ぜんとしている私に 先生は言いました。 …

続きを読む


永遠の師 加納守拙先生 書道家 9 宙を舞う筆

わくわく感で全身が満たされて、 じんわりふんわりした感じの中 筆が紙の上をすべりはじめました。 !!!!!!! …

続きを読む


永遠の師 加納守拙先生 書道家 8 一緒に書く

と、その時です。 加納先生が筆を一緒に持ってくれた瞬間に、 筆に羽がはえたかのように、ふううっと軽くなり、 同 …

続きを読む


永遠の師 加納守拙先生 書道家 7 雨ふり解説

質問に、何も答えられない私に、 加納先生は、教えてくれました。 「これは、細く、静かに降る雨。」 「そして、こ …

続きを読む


永遠の師 加納守拙先生 書道家 6 雨ふり

目の前でくりひろげられる とんでもない、みたこともない事柄に あっけにとられるなか、 さらに加納先生は続けまし …

続きを読む


永遠の師 加納守拙先生 書道家 5 はれた空 ほんわか編

加納先生の書いてくれた はれた空 に、釘付けになって 結果、やっぱりフリーズしている私の前で さらに先生は続け …

続きを読む